インタビュー

戸田 翔子 先生(トロンボーン、ユーフォニアム)

健康第一! トロンボーン、ユーフォニアム 戸田 翔子

国立音楽大学卒業






埼玉県立芸術総合高校卒業、国立音楽大学を卒業後、フリーランス奏者として演奏活動や部活動の指導を行う。



どういうきっかけでZALAでレッスンをすることになったのでしょうか?

卒業後の活動場所を考えて、どこか音楽教室に所属しようと考えて探していたところ、ザーラの教室を見つけました。いろいろな音楽教室がある中、ザーラの雰囲気がとても素敵だったので、応募しました。


クラスを通じて、生徒たちへどういうことを教えたいと思っていらっしゃいますか?

演奏技術はもちろんですが、それだけではなく、トロンボーンを通じて幅広く音楽を好きになってもらいたいです。


生徒さんに教えていて、難しいと思うことなどございましたら教えてください。

演奏の感覚というものは、言葉に表すのが難しく、またそれを分かりやすく伝えるのはやはり今でも難しいです。人によって感じ方も違いますし問題点も違うので、そこを見極めながら言葉を選んでレッスンしようと心がけています。


ZALAでやっていて良かった、面白いと感じたエピソードを教えてください。

年に一度の発表会でたくさんの生徒さんの晴れ舞台を見ることができるのですが、緊張している生徒さんが、演奏を終えてから、やりきった顔で出てこられるのを見て、毎年感動しています。初心を思い出すことができて、いつも発見がたくさんあります。


教わる側から教える側へまわったことでの発見や楽しさを感じたエピソードを教えてください。

ひとつの事を伝えるときに、言い回しなどを工夫して今まで教えていただいていたんだなあと実感しました。自分が教える側になって、それがどれだけ難しいことか身にしみて感じています。


ZALAに関わることで、聴く曲やご自分の演奏法、演奏曲が変わったなど、変化はありますか?

今まであまり聞かなかった、声楽曲やピアノの演奏などをレッスン室で聴けるので、色んな音楽との出会いがあって楽しいです。少しの空き時間でストイックに練習されている先生を見て、私も頑張らないと、と刺激をもらっています。


生徒さんとのやりとりで印象に残ったエピソードを教えてください

楽譜の読み方から教えていた生徒さんから、「学校で先生に褒められた!」と聞いたときはとても嬉しかったです。最初は楽譜を読むのが苦手で、でも部活ではあまり教えてくれる人がいなくて、あまりやる気が出なかったそうですが、レッスンのあと、自分でたくさん練習して、褒めてもらえたのでしょう。楽器が楽しいと言ってくれたときは、とても嬉しかったです。


ZALAでレッスンすることによって、ご自身が実現したいことは何でしょうか?

室内楽のコースがあるのですが、今は弦楽アンサンブルだけなので、金管アンサンブルもやってみたいです。


ご自身が音楽を始められた年齢はいくつだったのでしょうか?また、そのきっかけについて教えてください。

小学生の頃にピアノを始めたのが最初だったと思います。知り合いのピアノの先生のお家でアットホームな感じでとてものんびりやらせてもらっていました。トロンボーンは中学校の吹奏楽部からです。運動部は絶対入りたくなくて、仮入部で楽しかった吹奏楽部に入りました。最初に希望楽器を3つまで決められるのですが、実はトロンボーンは第3希望の中にも入れていませんでした。先生の判断だったのでしょうか、なぜかトロンボーンになってしまったのですが、トロンボーン独自のスライドがとっても気に入り、そのまま続けています。


担当クラスで独自に取り組まれている事など、これなら取り組みたいことなどございましたら教えてください

トロンボーンは和声の楽器なので、生徒とデュエットなどを取り入れています。いつか生徒とトロンボーンカルテットで演奏したいです!


音楽発表会の様子

ザーラ/フィアルサロン/
パンテサロン/ブリアサロン/リトルドリーマー音楽発表会の様子は、
右バナーより音楽発表会専用ページをご参照ください。

音楽発表会専用ページ

講師インタビュー

ザーラ・カンパニーで活躍する講師の方々のインタビュー!
レッスンエピソードや取り組み方、音楽を始めたきっかけなど講師の方のプライベートまでをお聞きします。

更新日:2019/09/21

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->