インタビュー

服部 美沙 先生(トランペット)

音楽を楽しく学ぶ。 トランペット 服部 美沙






神奈川県出身。
10歳よりトランペットを始める。
昭和音楽大学トランペット専攻を卒業。
トランペットを長谷川純、飯塚一郎、平木仁の各氏に師事。

大学在学中、本大学主催演奏会に多数参加。
2010年トランペット協会主催
トランペットフェスティバルに出席する。
現在、小学生を対象とした金管バンドの指導や吹奏楽の指導にあたる他、
吹奏楽、オーケストラ、アンサンブルの演奏活動を行っている。



ご自身が音楽を始められた年齢はいくつだったのでしょうか?また、そのきっかけについて教えてください

小学1年生から近所のピアノ教室を姉と一緒に通っていました。5年生から学校の金管バンドに入部したのがトランペットとの出会いです。姉がやっていたので面白そうと軽い気持ちで始めましたが上達していくことが楽しく思ってからずっと続けています。


師事された先生のお名前を教えてください。

長谷川潤先生、飯塚一郎先生、平木仁先生です。


師事された先生とのエピソードを教えてください。

レッスンの後よくキャンパス内にあるカフェでアイスを平木先生と食べに行った事が印象的です。いつもレッスンの時間だけじゃ話せない音楽の話や私の楽器面の事など話してくださいました。先生と過ごせた時間が私の成長にもつながっているなと思います。


教わる側から教える側へまわったことでの発見や楽しさを感じたエピソードを教えてください。

金管楽器は音が出るまでが難しい楽器ですが出ると楽しく吹ける楽器です。金管を吹くことが全く初めての人に体験レッスンで吹き方を教えて音が出たときは毎回感動します。また自分が先生に教わった奏法を自分が生徒に教え、上手になるところが楽しいと感じました。そして生徒が高音がだせるようになり喜ぶ姿を見ることがまた嬉しかったです。


レッスンではどのような曲を扱っていらっしゃいますか?

主にクラシックをレッスンでは扱いますが、ジャズやポピュラーなどの音楽もレッスンでは扱います。


担当クラスで独自に取り組まれている事などございましたら教えてください。

曲を学ぶ時も基礎を学べると思っているので、レッスンでは必ず一曲仕上げるよう取り組んでいます。ジャンルはクラシック以外にもJAZZやポップスを扱います。そしてアンサンブル知識を学んでもらいたいと思っていて、レッスンの中でデュエットもやるようにしています。


生徒さんに教えていて、難しいと思うことなどございましたら教えてください。

トランペットといえば高い音が特徴的ですが、高い音を出すのが最初は難しいので息のスピード、体の抜き方をつかんでもらうまでが難しいなと思います。人によって体の使い方も違うのでその人にとってわかりやすい吹き方を教えることは毎回私も学びます。


生徒さんとのやりとりで印象に残ったエピソードを教えてください。

ZALA発表会に出ることが初めてだった生徒が難しい曲を選び本番まで一生懸命練習していました。当日舞台に立って演奏し終わった後、私に笑顔で「トランペット吹くの楽しい、また来年も発表会出たい」と言ってくれたことがとても嬉しくて今でも覚えています。一曲を一生懸命仕上げることが教える側も楽しいと思いました。


ZALAに関わることで、聴く曲やご自分の演奏法、演奏曲が変わったなど、変化はありますか?

私はもともとオーケストラ、吹奏楽、アンサンブルとクラシックを専門的に学んでいたため聴く音楽もクラシックばかりでした。ですがZALAで指導の際クラシックだけじゃなくポピュラー、ジャズなど様々なジャンルを生徒に勧めるため私も勉強の為ジャズやポピュラー音楽を練習する機会が増えました。


ZALAでやっていて良かった、面白いと感じたエピソードを教えてください。

ZALA発表会に初めて出る生徒が発表会当日同世代のトランペットの生徒と出会いお友達になりました。発表会はお互いの演奏を聴き合っていて微笑ましい姿でした。発表会後のレッスンで新しい曲の課題を生徒に相談したところ「発表会であの子が吹いた曲がやりたいと」お互いの生徒から言われたときは、発表会に出ることによって周りからいい刺激をもらって向上心が出たんだなと思いました。これはZALAでなければできない経験だったと思いやっていて良かったです。


担当専攻のレッスンでこんなことが習えます。という特徴をアピールしてください。

ソロ以外でもトランペットは何人かで一緒に吹くのも楽しい楽器です。そんな楽しさを知ってもらいたいのでレッスンではデュエットの曲も学べます。そしてどんな曲でも基礎が練習できるので生徒さんがやりたい曲、また今練習している曲などあったらジャンル問わずレッスンの教材として扱わせてもらっています。





音楽発表会の様子

ザーラ/フィアルサロン/
パンテサロン/ブリアサロン/オリーバサロン/
リトルドリーマー音楽発表会の様子は、
右バナーより音楽発表会専用ページをご参照ください。

音楽発表会専用ページ

講師インタビュー

ザーラ・カンパニーで活躍する講師の方々のインタビュー!
レッスンエピソードや取り組み方、音楽を始めたきっかけなど講師の方のプライベートまでをお聞きします。

更新日:2018/07/10

最新のNEWS一覧

本間 由喜江 先生(声楽、ボーカル、ピアノ、リトミック、合唱)

音を楽しむことを大切に。 声楽、ボーカル、ピアノ、リトミック、合唱 本間 由喜江 東邦音楽大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。第43 回東京国際芸術協会新人オーディションに合格、審査員賞を受賞。オペラではこれまでに、「秘密の結婚」エリゼッタ、「フィガロの結婚」伯爵夫人ロジーナ、「仮面舞踏会」アメーリ...
続きを読む...

更新日:2018/07/01

柳本 小百合 先生(ソルフェージュ・楽典・作曲・和声・ピアノ・幼児音楽)

音楽の喜びを一緒に感じられるレッスンを。 ソルフェージュ・楽典・作曲・和声・ピアノ・幼児音楽 柳本 小百合 桐朋学園附属子供のための音楽教室にて 4歳よりソルフェージュ、5歳よりピアノを学ぶ。 日本ピアノ教育連盟主催 第9回ピアノ・オーディション奨励賞 第24回町田市こどもピアノコンクール 入...
続きを読む...

更新日:2018/04/01

戸田 沙耶花 先生(二胡)

大切に美しく、音色を楽しんで。 二胡 戸田 沙耶花 日本女子大学人間社会学部文化学科 卒業 天華二胡学院(在学中)にて、賈鵬芳、賈鵬新、周耀錕(故人)、揚擎宇の各氏に師事 2009年 香港国際音楽コンクール優秀演奏賞受賞 2011年 万里の長城杯国際音楽コンクール奨励賞受賞 2015年 日本二胡学...
続きを読む...

更新日:2018/03/10

阪田 芙優 先生(バイオリン・ビオラ)

音楽の楽しさ、生きることの喜びを伝えたい。 バイオリン・ビオラ 阪田 芙優 6歳よりヴァイオリンを始め、これまでに、樋口美佐子、 茂木佳子、成田留美子、重森慶子、鷲見健彰、野口千代光の 各氏に師事。 ヴィオラを市坪俊彦氏に師事。桐朋学園芸術短期大学専攻科卒業。 在学中、室内楽で定期演奏会に、ソ...
続きを読む...

更新日:2018/01/24

中山 正瑠 先生(オーボエ)

より豊かな表現力を目指して!。 オーボエ 中山 正瑠 神奈川県逗子市出身。 12歳よりオーボエをはじめる。 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業 藝大モーニング・コンサートに出演。沼尻竜典指揮による藝大オーケストラと、R.シュトラウスのオーボエ協奏曲を共演。 2003年・2004年別府アルゲリッチ音楽祭...
続きを読む...

更新日:2017/11/04

仲谷絢 先生(打楽器)

聴く、演じる、教える。音楽と一生の付き合いにしたい。 打楽器 仲谷絢 洗足学園音楽大学卒業。現在は、プロ・アマチュア各オーケストラ、吹奏楽のエキストラ出演や、レコーディング参加、小編成マリンバ・打楽器アンサンブルによる依頼演奏等で活動。 同時に小・中学校吹奏楽部打楽器指導も行う。 2006年日...
続きを読む...

更新日:2017/10/03

宮坂里美 先生(フルート、ハーモニカ、アンサンブル)

“音楽はたのしい!”と思える気持ちを忘れずに。 フルート、ハーモニカ、アンサンブル 宮坂里美 埼玉県出身 埼玉県出身。 4歳よりピアノ、12歳よりフルートをはじめる。 埼玉県立芸術総合高等学校音楽科、洗足学園音楽大学卒業。 これまでにフルートを 大友太郎、菅井春恵、平野正子、 若土祥子の各氏に師...
続きを読む...

更新日:2017/10/03

神田沙央理 先生(声楽[ソプラノ]、ボーカル)

音楽は愛・情熱・喜び。 声楽[ソプラノ]、ボーカル 神田沙央理 東京芸術大学声楽科卒業 東京ミュージック&メディアアーツ尚美 声楽ディプロマコース卒業 ヤマハ音楽振興会海外留学奨学生に選ばれ2005年6月よりパリに留学。パリエコールノルマル音楽院、パリ市立フランシスプーランク音楽院で研鑽を積む。...
続きを読む...

更新日:2017/10/03

川瀬麻子 先生(ピアノ)

音楽を通して、自信を持たせたい!。 ピアノ 川瀬麻子 昭和音楽大学音楽学部器楽学科ピアノアンサンブルコース卒業。 在学中より、声楽、器楽等の伴奏者として活躍する。 2003年プラハ音楽院へ留学。 2004年よりプラハ芸術大学教授クヴィタ・ビリンスカ氏の下で、ロシア奏法、教育法について学ぶ。 同...
続きを読む...

更新日:2017/10/02

過去のインタビュー

おすすめ情報

  • 小野 弘晴先生(声楽) / 東京芸術大学をご卒業され、第37回イタリア声楽コンコルソ入選、第5回BCCオペラオーディション新人賞を獲得。
  • 池村 京子先生(ピアノ) / 教えることは、生徒さんやグループ、その状況により毎回アイディアや違った練習を考え出す、とても『クリエイティブ』な作業である。

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->