會田 直子 (Naoko Aita)

會田 直子 (Naoko Aita)

ピアノ・幼児音楽
5歳からピアノを始める。桐朋学園大学短期大学部卒業(首席)
同大学専攻科卒業(首席)在学中、学内演奏会、定期演奏会、
卒業演奏会などに出演、バイオリンを2年間受講
2005年渡独。  ドイツ国立ミュンスター音楽大学に入学
2008年同音楽大学卒業 最優秀成績にてディプロムを取得

青木 裕汰(Yuta Aoki)

青木 裕汰(Yuta Aoki)

トロンボーン
1992年東京都葛飾区生まれ
私立修徳高等学校普通科卒業
東京音楽大学 卒業

第19回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルにてピーター・サリヴァン氏、第20回及び第21回にてダグラス・ヨー氏の各クラスを受講。
同アカデミー講師推薦プレミアムコンサートに出演。
第7回日本トロンボーン学生音楽コンクール第1位。
第28回大仙市大曲新人音楽祭コンクール管楽器部門 奨励賞。
レインボー21 サントリーホールデビューコンサート2014に金管5重奏と室内オーケストラとして出演。
第6回トロンボーンカルテット・コンクール・イン・ジパング第4位(トロンボーンカルテットACT'S)

赤石 直哉(Akaishi  Naoya)

赤石 直哉(Akaishi Naoya)

ソルフェージュ・楽典・作曲・和声・ピアノ
作曲家、ピアニスト。
国立音楽大学大学院作曲専攻修了。
作曲を佐藤眞、山口博史、トーマス・マイヤー=F、
福士則夫の各氏に、ピアノを竹山悠紀子氏に師事。
2008年以降は日本現代音楽協会に所属し、室内楽作品を中心に
創作活動を行っている。
また、自作品を中心にピアノ奏者としての活動も積極的に行っていて、
多くの演奏家と共演している。
日本現代音楽協会(JSCM)正会員。
受賞歴:第23回現音作曲新人賞入選
第14回日本歌曲コンクール作曲部門最優秀賞、及び全音楽譜出版社賞
出版:CD「現代日本二台ピアノ作品セレクション」(アートユニオンART-3087)

赤木 奏映(Kanae Akagi)

赤木 奏映(Kanae Akagi)

マンドリン
広島県出身。4歳からピアノを、12歳からマンドラ・テノールを始め、18歳でマンドリンに転向。
同志社大学文学部美学芸術学科(音楽学)卒業、エリザベト音楽大学大学院修士課程(マンドリン)修了。
大学院在学中、学長表彰を受ける。
第7回および第8回コンコルソ・ムジカアルテ金賞、第65回TIAA全日本クラシック音楽コンサート審査員賞、第36回アジア国際音楽コンサート審査員特別賞受賞。
インターカレッジ・ソニック・アーツ・フェスティバル2014、イタリア世界遺産音楽芸術国際フェスティバル2016、コンチェルト・ディ・プリマヴェーラ2016器楽とオペラ 麗春の響き、MusicArte高台寺特別演奏会2016など様々な演奏会に出演。

赤塚 太枝子 (Taeko Akatuka)

赤塚 太枝子 (Taeko Akatuka)

ホルン
幼少よりピアノ、13才でホルンを始める。
東京芸術大を経て、オランダマーストリヒト音楽院を卒業。
在学時より室内楽やオーケストラに多く携わる。
留学時はオランダ国内をはじめ
ドイツ、イタリア、ベルギーにてアンサンブル、
ユーゲントオーケストラ、マスタークラス、
教会でオルガンとの共演などを通じて研鑚を積む。

浅沼 彩香(Asanuma  Ayaka)

浅沼 彩香(Asanuma Ayaka)

親子リトミック、ピアノ、幼児音楽
武蔵野音楽大学卒業。
ピアノ、エレクトーンの個人レッスン、グループレッスンで様々なジャンルの音楽を指導する。     個人レッスンでの技術の向上を目指したレッスンや、アンサンブルなどによる音感、リズム感を育てるグループレッスンなど、一人一人に合ったレッスンを展開している。
幼児期のリトミックから大人まで幅広い生徒とのレッスンを担当し、アレンジや創作、ヤマハグレード取得に向けたレッスンなど、演奏以外の指導も積極的に行う。
ピアノを稗方瑞子、仙田真須美、上村英郷に師事。
子供に向けたピアノ、エレクトーンのコンサートを定期的に開催している。

東根 洋子(Azumane Yoko)

東根 洋子(Azumane Yoko)

3歳よりヴァイオリンを始める。洗足学園音楽大学卒業、同大学院修了。
ヴァイオリンを稲垣昌子、石井志都子の両氏に、ヴィオラを井野邉大輔氏に師事。市野あゆみ、安永徹の両氏にピアノとのデュオを師事。
室内楽やオーケストラなどの演奏活動、また後進の指導を行う。
指導対象は現在2歳から中高生、社会人まで。ヴァイオリン、ヴィオラ、室内楽と幅広く行っている。
洗足学園中学高等学校において、音楽の授業内にてヴァイオリン演奏の実技指導、また同学園音楽大学演奏補助要員を務める。
フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手。

阿部 真由子(Mayuko Abe)

阿部 真由子(Mayuko Abe)

ジャズトランペット
1992年7月25日生まれ。
宮城県出身。
9歳でトランペットを始める。
ビッグバンドクラブに所属し数々の音楽イベントなどで演奏をする。
11歳の時にはRichard Galliano氏、Michel Portal氏と共演する。
中学、高校は吹奏楽部でクラシックを学ぶ傍ら、
地元のビッグバンドサークルに所属しジャズに触れる。
高校卒業後、音楽理論を安田智彦氏に師事。
2012年に洗足学園音楽大学ジャズコースに入学。

天野 貴文 (Takafumi Amano)

天野 貴文 (Takafumi Amano)

トランペット
準備中

鮎川 洋子 (Yoko Ayukawa)

鮎川 洋子 (Yoko Ayukawa)

篠笛
東京都出身。
16歳より、邦楽囃子笛方鳳聲千晴師に長唄囃子師事。
平成20年初夏、鳳聲流家元より晴桜(はるおう)の名を許される。
純邦楽の他、ジャズセッション等活動中。

荒木 真(Araki  Shin)

荒木 真(Araki Shin)

ジャズサックス
高校より吹奏楽及びコンボジャズ、大学でビッグバンドを学ぶ。
現在はジャズのみならず、ダンスや写真とのコラボレーション、
エレクトロニカ、ニューエイジ、クラブ音楽、ボサノバ、ポップス、ソウル、
クラシックなど、様々なジャンルで活動している。
Jazz Collectiveの一員としてロシア政府より招聘を受け
第二回太平洋経済会議にて演奏。
これまでに自己名義のアルバム"A SONG BOOK","HALLS"を
RONDADEレーベルよりリリースほか、サポートとしてakira kosemura、
EXILE、haruka nakamura、永山マキ、vusikなどのアルバムに参加している。
サックスを池田篤(国立音楽大学准教授)、大野清の各氏に師事。

有馬 真帆子(Arima Mahoko)

有馬 真帆子(Arima Mahoko)

バイオリン
岡山県出身。6歳よりヴァイオリンを始める。
2008年、国立音楽大学演奏学科を卒業、同大学室内楽コースを修了。
在学中にサントリーホール「レインボウ21」、卒業演奏会などに出演。
また、岡山県演奏家協会新人演奏会に出演。
第16回京都国際音楽学生フェスティバルにオーケストラメンバーとして参加。
第29回霧島国際音楽祭にて、藤原浜雄氏のマスタークラスを受講。
秋吉台室内楽セミナー「秋吉台の響き2010」マスタークラスを受講。
第38回岡山県山陽学生音楽コンクール弦楽器部門第3位。
第7回日本アンサンブルコンクール弦楽ピアノデュオ部門入選。

井神 麻友子 (Mayuko Ikami)

井神 麻友子 (Mayuko Ikami)

バイオリン・ビオラ
桐朋女子高校音楽科卒業
桐朋学園大学 バイオリン専攻卒業

池田 正太(Ikeda  Shota)

池田 正太(Ikeda Shota)

チューバ
東京都出身。
15歳よりテューバを始める。
洗足学園音楽大学の金管楽器を首席で卒業。
同大学卒業演奏会出演。
ヤマハ新人演奏会出演。
ドルチェ楽器デビューコンサート出演。
第19回日本クラシックコンクール金管部門シニアの部 3位(最上位)
JETA 主催ユーフォニアム・テューバ四重奏コンクール 戸田顕杯1位。
その他コンクールでの入賞。

石川 弘樹(Hiroki Ishikawa)

石川 弘樹(Hiroki Ishikawa)

サックス
埼玉県出身。
県立芸術総合高校卒業。
尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科卒業。卒業者演奏会に推薦され出演。
これまでに様々なコンクールの入賞、演奏会オーディションに合格。
サクソフォンを山路佳世・大和田雅洋・原博巳・貝沼拓実の各氏に師事。
室内楽を石渡悠史・中村均一・波多江史郎・原博巳の各氏に師事。
Ailes saxophone quartet テナーサックス奏者。

石塚 彩子(Ishizuka  Ayako)

石塚 彩子(Ishizuka Ayako)

ピアノ
東京生まれ。2歳から10歳までを米国ニュージャージー州で過ごす。
3歳より現地でピアノを始め、9歳でニューヨークのスタインウェイ・ホールで リサイタルを行う。
神奈川県立神奈川総合高校を卒業後、スイス・ジュネーヴ高等音楽院に留学。
ソリスト、ピアノ伴奏法、音楽教育学の三つの修士課程でディプロマを取得。

糸井 奈々(Nana Itoi)

糸井 奈々(Nana Itoi)

クラリネット(クラシック・ポップス・ジャズ)
1992年生まれ、栃木県出身。
10歳からクラリネットを始め、18歳より本格的に勉強を始める。
洗足学園音楽大学のクラリネット科を首席で卒業。優秀賞を得て卒業演奏会に出演。
ヤマハ新人演奏会クラリネット部門、ドルチェデビューリサイタルに出演、好評を博す。2015年管楽器店ダク主催の特別企画「Taste of Jazz on Classic」と題して、Cl Pf Per によるトリオリサイタルを催し好評を博す。
専門のジャンルはクラシックだが、ジャズやポップスも得意とする。
クラリネットを木幡 仁清、角田 晃、松本 健司の各氏に、室内楽を藤田 雅 氏に、ジャズクラリネットを谷口 英治氏に師事。 

伊藤 慶亮(Ito Yoshiaki)

伊藤 慶亮(Ito Yoshiaki)

トランペット
東京都出身
洗足学園音楽大学卒業
トランペットを高橋敦、野口浩史、服部孝也、津堅直弘、
杉本正毅、奥野儀光、早川宏明の各氏に師事。
また数多くの著名な海外プレイヤーのマスタークラスを
受講し薫陶を受ける。
アジアユースオーケストラの日本代表メンバーとして
第20回記念コンサートツアーに参加。
アジア各国で公演を行い、好評を得る。
第19、20回霧島国際音楽祭に参加。
トランペット奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽、
ブライダルなどで都内を中心に活動している。
またバンドディレクターとして吹奏楽の指揮、指導などにも
勢力的に取り組む。
昭和女子大学ウインドアンサンブル常任指揮者
東京ポップスブラス主宰

稲本 早依子(Inamoto Saeko)

稲本 早依子(Inamoto Saeko)

ピアノ・幼児音楽・ソルフェージュ
3歳からピアノを始め、同時に桐朋学園音楽学部附属子供のための音楽教室へ入室。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学に入学。
第21.22.23回 日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞。
第7回 石川県NOTOピアノコンクールE部門 最優秀賞。
在学中、学内選抜により「桐朋学園主催 students' concert」に出演。
これまでにピアノを大森文子、土屋美寧子、増本嘉子、半田文代、上野久子の各氏に、ピアノデュオを川村文雄、法倉雅紀、金子仁美、今井彩子の各氏に師事。
また、ヴァレリア・セルヴァンスキー、ケマル・ゲキチ、ミハイル・ヴォスクレセンスキーの指導を受ける。

井上 詠美子(Inoue Emiko)

井上 詠美子(Inoue Emiko)

クラリネット
神奈川県横浜市出身。
11才よりクラリネットを始める。
洗足学園音楽大学を優秀賞を受け首席で卒業。
卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。
卒業後、フランスのパリ国立地方音楽院にて研鑽を積む。
在学中よりオーケストラ、吹奏楽、室内楽、オペラオーケストラピッドなど多く携わる。
欧日音楽講座においてミシェル・アリニョン氏に師事。同時にビュッフェ・クランポン奨励賞を受賞。
これまでにクラリネットを田中香、三界秀実、松本健司、リシャール・ヴィエイユの各氏に、
室内楽を山根公男、千葉直師、フィリップ・フェローの各氏に師事。

井上 有加子(Inoue  Yukako)

井上 有加子(Inoue Yukako)

クラリネット
神奈川県出身。
洗足学園音楽大学音楽学部管楽器コース卒業。
クラリネットを松本健司、伊藤寛隆、浜中浩一の各氏に、
室内楽を清水将仁、石田多紀乃の両氏に師事。
また、チャールズ・ナイディック、大島文子によるセミナーを受講。
横浜市消防音楽隊にて活動した後、
現在はソロ、室内楽、吹奏楽等で演奏活動を行っている。
また、後進の指導にも精力的に取り組んでいる。

井上 舞(Mai Inoue)

井上 舞(Mai Inoue)

ホルン
13歳でホルンを始める。
東京音楽大学音楽学部器楽科ホルン専攻を卒業
桐朋学園大学研究科修了
卒業後、日本フィル、神奈川フィル、仙台フィル、佼成ウィンドウオーケストラなどのエキストラ出演を経験。
その他に中学、高校のレッスン、個人レッスン、ミュージカル、バレエ、室内楽、ソロ、学校の音楽鑑賞会、レコーディング、などさまざまな分野で演奏活動中。
国際芸術連盟新人オーディション合格
及川音楽事務所最優秀新人賞受賞
これまでにホルンを吉永雅人、松崎裕の各氏に師事

今井 理栄子 (Rieko Imai)

今井 理栄子 (Rieko Imai)

フルート
パリ、エコール・ノルマル音楽院にて、
フルートを、P.Y.アルトー、工藤重典氏に師事。
室内楽を、ドビュッシー女史に師事し、
演奏家上級及び、高等演奏家課程終了。
フランス国立ヴィルダヴレ音楽院にて パトリス・ヴキヨン氏、
市立フオーレ音楽院にて、G.グラメーズ氏に師事し、演奏家上級課程終了。
ウィーン音楽院にて、D.フルーリー氏に師事し、
オーストリア州立音楽院にて、F.シュミードル氏に師事し卒業する。

岩谷 明石(Iwaya  Akashi)

岩谷 明石(Iwaya Akashi)

バイオリン・ビオラ
三歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽部門卒業。
第三回全日本芸術コンクール第三位入賞。
ムジカサンタンジェロ主催、第35回公演 W.A.モーツァルト歌劇『魔笛』
Sant‘angeloフィルハーモニー管弦楽団にてコンサートミストレスを勤める。
現在、室内楽、オーケストラの奏者としての演奏活動、
後進の指導にあたっている。

臼井 麻意子(Maiko Usui)

臼井 麻意子(Maiko Usui)

ビブラフォン、マリンバ、ポピュラーピアノ、幼児音楽
神奈川県横浜市在住。ピアノを5歳、クラシック打楽器を16歳で始める。ジャズビブラフォンの巨匠、ゲイリーバートンに興味持ち、赤松敏弘氏に師事。
‘98年渡米、ボストンのバークリー音楽院に奨学金を受け、入学。ビブラフォンをデイブ・サミュエル氏、エド・セイドン氏に師事。在学中にデイビッド・フリードマンに出会いドイツにて精力的にレッスンを受ける。バークリー音楽院で首席リストに載り、卒業。卒業後アンソニー・ウォンジー氏、ジョー・ロック氏と交友を深める。

内田 沙理(Uchida Sari)

内田 沙理(Uchida Sari)

バイオリン・ビオラ
3歳よりバイオリンをはじめる。
桐朋学園女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学を卒業。

国内での音楽フェスティバルに多数参加する。
北京にて日中交流オーケストラ出演。
これまでに、宮下理恵、篠崎功子、塩貝みつる、マスタークラスなどで
竹澤恭子、ヒョー・カン、カート・サスマンズハウス、
ヴィクトル・ピカイゼンの各氏に師事。
在学中より、ドラマ、映画などのレコーディングに参加する。
また多数のアーティストのレコーディング、ライブサポート、ツアー、
PV出演などにも参加。

栄田 麗子(Eida  Reiko)

栄田 麗子(Eida Reiko)

ボーカル・ゴスペル・リトミック
東京音楽大学卒。
ピアノを鷲見加寿子、声楽を増山美知子、作曲を三枝成彰、
有馬礼子、各氏に師事。
渡米後、ボイストレーニングをTramaine Hawkins、
Melonie Daniels各氏に師事。
在学中にシンガーとして活動をはじめる。
ゴスペル、ボイストレーニングのカルチャースクール講師を
勤めるかたわら数々のアーティストのコーラスサポートで活躍。
2005年からは幼児音楽教育にも取組み、幼小中学校での
ゴスペルワークショップ、総合の時間を担当。
リトミック研究センター会員。
米国教育研究機関TPI・能力開発プログラムIIE公認
育児・母親アドバイザー取得↓

江黒 未希(Eguro  Miki)

江黒 未希(Eguro Miki)

【ファゴット】12歳よりファゴットを始める。東京音楽大学音楽学部卒業。給費入学奨学金授与。市川文化会館新人オーディション合格。国連クラシックライヴに出演。アジアユースオーケストラに合格、マシュウ・ルッジェーロ氏(元ボストン交響楽団)の指導を受け、同団員として日本・アジア各国で演奏する。東京国際芸術協会オーディション合格。これまでに国内外で数多くソロコンサート、リサイタル、コンチェルトの演奏を行う。ファゴットを山上貴司、霧生吉秀、菅原眸、前田信吉の各氏に師事。現在「木管五重奏団アンサンブル・アクア」「CIEL東京室内楽団」団員をはじめ、室内楽、オーケストラ、吹奏楽、トレーナー、ソロコンサート等、幅広く活動を行う。レッスン指導歴20年以上。日本ファゴット(バスーン)協会事務局スタッフ。

大村 まり(Ohmura Mari)

大村 まり(Ohmura Mari)

トロンボーン
東京都出身。
10歳よりトロンボーンを始める。
2003年 私立東京音楽大学付属高等学校卒業
2007年 東京音楽大学音楽学部器楽専攻卒業
トロンボーンを故 白石直之、伊藤清、岸良開城、山下浩生に師事。
ジョセフ・アレッシー、イアン・バースフィールド、ジャック・モージェのレッスンを受講。
2010年6月学生の頃より所属していたJapan Lady's Brassメンバーで トロントにてBrassBand Conferenceにゲスト出演。
ストラッドフォードにて2度にコンサートを開く。
2011年菅野祐悟氏作曲の映画音楽の劇中BGMでソロを演奏。
チェンバーミュージックハウスオーケストラにて年数回の定期演奏。

大河内 涼子 (Ryoko Ookouchi)

大河内 涼子 (Ryoko Ookouchi)

バイオリン・室内楽
4歳よりヴァイオリンを始める。
9歳よりピアノを始める。
東京都立芸術高等学校卒業。東京音楽大学卒業。
東京音楽大学院修了。
在学中、特待生奨学金 を受け、アンサンブルエンドレスの
コンサートミストレスを務める。

扇 慎也(Ougi  Shinya)

扇 慎也(Ougi Shinya)

ビオラ、バイオリン
石川県小松市出身。才能教育研究会金沢支部にて4歳より
ヴァイオリンの手ほどきを受け、その後ヴィオラに転向。
東京音楽大学音楽学部器楽専攻卒業。
東京音楽大学大学院修士課程修了。
在学中、弦楽アンサンブルや室内楽等に積極的に取り組み
学外演奏会にも参加。
音楽性は基より音色、音質に関して周りから極めて高い評価を得ている。
これまでヴァイオリンを故三塚伊都子氏に師事。
ヴィオラを故三塚實氏、兎束俊之氏、百武由紀氏、浦川宜也氏、
店村眞積氏の各氏に師事。
現在はソロ、室内楽、在京オーケストラの客演、スタジオと
演奏活動の傍、大学オーケストラ、社会人オーケストラの
ヴィオラセクションのトレーナー等指導にも力を注いでいる。

大澤 久(Hisashi Osawa)

大澤 久(Hisashi Osawa)

チェロ
名古屋出身。
私立東海高等学校を卒業後、
名古屋工業大学物質生命工学科を経て東京藝術大学へ進学。

大下 裕子 (Hiroko Ooshita)

大下 裕子 (Hiroko Ooshita)

オーボエ
広島県出身。
国立音楽大学音楽学部器楽学科 オーボエ 卒業。
第28回広島市新人演奏会、
TIAAスプリングコンサート2008に出演。
プロミシングコンサート2007において広島交響楽団と共演。
第29回広島市新人演奏会にて特別招待演奏を行う。
現在フリー奏者として活動中。トリオHoToRIoのメンバーとして
各地で演奏活動を行っている。
これまでに、オーボエを柴 滋、小林 裕の各氏に師事。
またエマニュエル・アッビュール氏のレッスンを受講。
室内楽を生島 繁氏に師事。

太田 千景(Chikage Ohta)

太田 千景(Chikage Ohta)

ピアノ・幼児音楽
三歳からピアノを始める。
PTNA ピアノコンペティション B級 全国大会 入選
PTNA ピアノコンペティション C級 西日本本選 6位
中学生の頃 ポーランドのクラクフでオーケストラと共演
クラシック音楽コンクール 全国大会入選
桐朋学園音楽大学(CDコース) 入学
2000 2003 年とN.Y マネス音楽院の夏期講習に参加 ジェロム・ローズ氏に師事
2004年にワルシャワショパンアカデミー春期セミナーに参加 Maria szraiberに師事
卒業後 ポーランド ワルシャワに移住し、国立ショパンアカデミー研究科に在籍

大坪 多美子(Tamiko Otsubo)

大坪 多美子(Tamiko Otsubo)

ピアノ,チェンバロ、楽典、幼児音楽
東京音楽大学音楽教育専攻卒業。
これまでにピアノを佐分利頌子氏、星野美穂代氏、原谷夏子氏、中倉のり子氏に師事。
声楽を小山晴江氏、内藤綾子氏に師事。
卒業後2年間、同大学にてチェンバロを渡邊順生氏に師事。
桐朋学園大学にて1年間、通奏低音を有田千代子氏に師事。
その他チェンバロ、通奏低音を岡田龍之介氏、芝崎久美子氏に師事、
フォルテピアノを伊藤深雪氏に師事。
これまでに児童合唱やアマチュア女声コーラスの伴奏、NHK全国合唱コンクールの伴奏等も務める。
2009年オランダ、ユトレヒト音楽院古楽器科に留学。チェンバロを シーべ ヘンストラに師事。
バッハの2台チェンバロ協奏曲をユトレヒト、ドープスヘツィンデ教会で演奏。

大貫 夏奈(Ohnuki Kana)

大貫 夏奈(Ohnuki Kana)

ピアノ・幼児音楽
横浜市出身。神奈川県立希望ヶ丘高等学校、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学大学院修了。
2005年イタリアTODIにて、夏期マスタークラス修了。
2008年度丸ビル35コンサートのレギュラーピアニストを務める。ラ・フォル・ジュルネ周辺エリアコンサート出演。

大場 恵菜(Keina Oba)

大場 恵菜(Keina Oba)

ヴァイオリン
桐朋女子高等学校卒業。桐朋学園大学短期大学部音楽専攻卒業。
同専攻科卒業。
オーストリアカリンツィアマスタークラス修了。
オーストリア、イタリアにて修了演奏。
日本・中南米、国交70周年を記念して国立劇場にて行われた
各国大使館主催のコンサートにて中南米4ヶ国でソロ演奏。
ペルー共和国国家警察を支援するため日秘大劇場にて行われた
チャリティーコンサートでソロ演奏。
共に新聞、テレビで大きく取り上げられ、国家警察より表彰される。

尾形 佳苗(Ogata Kanae)

尾形 佳苗(Ogata Kanae)

クラリネット
宮城県出身。
5歳からピアノを、12歳からクラリネットを始める。
平成23年度洗足学園音楽大学音楽学部卒業。
在学時より、オーケストラ、吹奏楽、ミュージカルオーケストラピット、など多く携わる。
クラリネットを千葉直師、副島謙二に、ジャズクラリネットを谷口英治に、室内楽を星野均、渡辺亨、各氏に師事。またヴェンツェルフックス氏のマスタークラスを受講。

荻原 由実(Ogiwara Yumi)

荻原 由実(Ogiwara Yumi)

幼児音楽・ピアノ
東京都出身、5歳よりピアノを始める。
東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コースを経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。東京音楽大学大学院鍵盤楽器研究領域修了。
平成16年第58回全日本学生音楽コンクール東京大会入選
平成17年第59回全日本学生音楽コンクール東京大会入選
平成20年ドイツにて国立ロストック音楽大学マスタークラス受講、M.キルシュネライト氏に師事
平成21年第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第5位受賞 、第11回日本演奏家コース第1位及び準グランプリ受賞
平成22年第14回PIARAコンクール第3位受賞

奥谷 睦代(Okuya Mutsuyo)

奥谷 睦代(Okuya Mutsuyo)

ヴァイオリン
奈良県出身。
5歳よらヴァイオリンを始める。
相愛大学音楽学部を特別奨学生で卒業。
04,クラシック音楽コンクール全国大会中学の部第3位(ヴァイオリン最高位) 05,全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部第1位。
06,大阪国際音楽コンクール高校の部第3位。
08,万里の長城杯国際音楽コンクール第1位。京都芸術祭聴衆賞受賞。松方ホール音楽賞奨励賞受賞。
09,奈良市長賞を受賞し100年会館にてリサイタル開催
10,小澤征爾音楽塾オーケストラに合格。プロジェクトQに参加し「紀尾井ホール」で演奏。
12,学内オーケストラのコンサートミストレスを務める。相愛大学卒業演奏会に選抜されいずみホールに出演。奈良新人賞を受賞 。

小山内 一哲(Osanai  Kazunori)

小山内 一哲(Osanai Kazunori)

トランペット
埼玉県所沢市出身。
中学1年よりトランペットを始める。
埼玉県立芸術総合高校音楽科を経て武蔵野音楽大学トランペット専攻卒業。
これまでにトランペットを古田賢司、鳥越洋、橋本洋、山上宗則の各氏に師事。
現在はフリー奏者としてオーケストラや室内楽を始めブライダル演奏、小学校、中学校の指導を中心に活動中。

小野 弘晴 (Hiroharu Ono)

小野 弘晴 (Hiroharu Ono)

声楽
桐朋学園大学卒業後、同専攻科修了。東京芸術大学卒業。
第34回桐朋学園修了記念コンサートに出演。
平野忠彦、勝部太、星野聡、熊谷一康の諸氏に師事。
第37回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ部門入選。

小俣 由美子(Yumiko Omata)

小俣 由美子(Yumiko Omata)

マリンバ
国立音楽大学卒業。
第14回日本クラシックコンクール最高位。
第11回JILA音楽コンクール入選。
フリー奏者としてオーケストラ、吹奏楽、アンサンブル等のコンサート、
レコーディング、ツアーに多数出演。
演奏活動の傍ら、マリンバ、ブラスバンド等において後進の指導にもあたる。
パーカッショングループ Letick、フォニックスに所属。
洗足学園小学校オーケストラアシスタント講師。

石川 智久 (Tomohisa Ishikawa)

石川 智久 (Tomohisa Ishikawa)

トロンボーン
中学校、高校では吹奏楽部に所属し、トロンボーンを担当する。
高校卒業後、ESPミュージカルアカデミーに進学し、
トロンボーンを中根信博、橋本貴久の両氏に師事する。
在学中に立教大学のビッグバンドである、”立教大学
New Swingin' Herd”に参加する。
同バンドでEric Marienthal,Bill Watorus,片岡雄三の各氏と共演。
また第41回山野ビッグバンドジャズコンテスト
において、審査員賞を受賞。

三留 章嗣(Akitsugu Mitome)

三留 章嗣(Akitsugu Mitome)

ギター・ウクレレ
幼少期よりエレクトーンを習い、中学からは独学で作曲をはじめる。
バンド演奏へのあこがれや、優れた機能性をもつギターへの魅力に目覚め、高校より独学でギターも始める。(弾き語り、ロック、ポップス、ブルースなど)
洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、ギターを梶原順氏に師事。
リズム・グルーヴや、音楽のありかたについて学ぶ。
ギターは両利きのスタイルで、右利きの時は主にロックやブルース、弾き語りなど。
左利きの時はジャズやヒーリング系を演奏する。

その後はプロとしての作曲・アレンジャー活動とともに(芸能人の出演する舞台音楽や映画音楽の作曲・制作、アーティストへの楽曲提供や、レコーディング、ギター・トラックが必要な曲はもちろん自身で演奏する。)
2017年頃からギターの講師活動を開始。
翌年、ウクレレの講師活動も開始。

現在幅広い年代にレッスンしている。レッスンで使う教材の制作にも力を入れている。
また、プロ・アマ問わず、セッションイベントやライブを開催。

アートや映像作品等にも趣向があり、新しい表現方法や、音楽とのかかわりを日々考察している。

基礎的な音楽力を高めることはもちろんですが、「自分でも表現できる!」というよろこびや、才能を発見することを心がけてレッスンしています。

乙顔 有希(Otogao Yuki)

乙顔 有希(Otogao Yuki)

【声楽・ピアノ・リトミック】桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部声楽科卒業、 同大学研究科一年修了。修了後、古楽声楽を波多野睦美氏に師事。 Emma Kirkby, Roberta Mameli 各氏のマスタークラスを受講。 東京室内歌劇場オペラ「ゲノフェーファ」、古楽アンサンブル プティ・ヴィオロン「太陽王の愛した舞踏と音楽」などに出演のほか、 イギリスのリュートソング、ルネサンス・フルートとの共演、 ゴシック・ハープ弾き歌いなど、古楽の分野で演奏活動を行っている。 近年では、古楽アンサンブル アントネッロ オペラ「オルフェオ物語」 木の精及びバッカスの巫女役で出演。
井畑 志保(Shiho Ibata)

井畑 志保(Shiho Ibata)

フルート、ピッコロ、ピアノ
北海道出身。滝川高等学校、東京音楽大学、同大学院卒業。
第64回毎日学生音楽コンクール東京大会本選入選、北海道大会第1位。
第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会奨励賞。
第14回管打楽器ソロコンテスト全国大会優賞。
第11回仙台フルートコンクール一般部門入選。
第13回新進演奏家育成プロジェクトにて札幌交響楽団とフルート協奏曲を競演。
第42回フルート協会主催デビューリサイタルに出演。
たきかわ音楽祭にて、ソリストをつとめる。

大谷 一希(Kazuki Otani)

大谷 一希(Kazuki Otani)

津軽三味線、和太鼓
福井県出身。
地元で和楽器チームに4年間所属。
津軽三味線、和太鼓を兼任していた。在団時、2度単独コンサートを成功させる。
津軽三味線を谷川祐司氏を師事として現在は、チームを退団し津軽三味線奏者として、県内外での演奏活動を中心として行なっている。

大貫 美潮(Onuki Mishio)

大貫 美潮(Onuki Mishio)

フルート
9歳からフルートを始める。洗足学園音楽大学卒業。
在学中アジアフルート連盟主催、アジア・フルートコングレスin
釜山演奏にフルートオーケストラとして参加。これまでにフルートを福田倫子、岩花秀文、柳原佑介、上野由恵の各氏に師事。室内楽を岩花秀文、萩原貴子、故・立花千春の各氏に師事。
2019年にファーストライブを開催。地域行事での演奏を精力的に続けるほか、吹奏楽や日本舞踊などでも、幅広いジャンルの演奏活動を展開している。

安喰 千尋(Ajiki Chihiro)

安喰 千尋(Ajiki Chihiro)

チェロ
山形県出身。7歳よりチェロを始める。
山形県立山形北高等学校音楽科
東京音楽大学を経て同大学院音楽研究科修了。
大学在学中、東京音楽大学シンフォニーオーケストラの
選抜メンバーとしてヨーロッパ公演(小林研一郎氏指揮)に参加。
レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2014に出演。
Phoenix OSAQA2015、2016にてジャパン・ストリング・
クヮルテットのマスタークラスを受講、修了コンサートに出演。
月見の里室内楽アカデミー2017にて小林幸子氏
(ロータス・カルテット第1ヴァイオリン奏者)の
弦楽四重奏マスタークラスを受講、修了コンサートで同氏と共演。
趙静、グレゴリオ・ロビノ各氏のマスタークラスを受講。
プロジェクトQ・第16章に参加。
これまでにチェロをシン広京、茂木明人、堀了介の各氏に師事。
室内楽を荒井英治、景山誠治、水島愛子、山口裕之、店村眞積、
百武由紀の各氏に師事。
2016-2018年度テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ団員。

安宅 ゆかり(Yukari Atagi)

安宅 ゆかり(Yukari Atagi)

トロンボーン
神奈川県出身
3歳頃よりピアノを始める。
小学5年生の時にマーチングバンドでトランペット、6年生の時にスネアドラムを担当。
高校の吹奏楽部でトロンボーンを始める。
高校卒業後は、ヤマハ音楽院でトロンボーンを佐藤洋樹、池田雅明の各氏に師事。
卒業後は、ビッグバンド、ホーンセクション、レコーディング、個人や小中学校でのレッスン、アンサンブル、ブラスアレンジなど幅広く活動する。
現在、横濱音泉倶楽部で准音楽監督を務める他、Happy”4”Time、秋田孝訓&侍ビッグバンドに所属。

小野田 さと(Sato Onoda)

小野田 さと(Sato Onoda)

ヴァイオリン
4歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋学園大学音楽学部卒業
第8回ヴェルデ音楽コンクール総合1位、グランプリ受賞。
第61回山口県学生音楽コンクール大賞受賞。
第13回大阪国際音楽コンクール入賞。
第25回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。
これまで、ヴァイオリンを三木妙子氏に師事。
室内楽を徳永二男氏、毛利伯郎氏、田崎悦子氏に師事。
現在、ヴァイオリンを石井志都子氏、室内楽を山田富士子氏、漆原啓子氏、山崎信子氏に師事。

尾崎 杏奈(Anna Ozaki)

尾崎 杏奈(Anna Ozaki)

ヴァイオリン
香川県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。
坂出高校音楽科を経て、国立音楽大学卒業。演奏学科オーケストラコース修了。
これまで、福崎至佐子、土田越子、徳永二男の各氏に師事。
第19回香川ジュニア音楽コンクールで銀賞を受賞。
同年、第44回全四国音楽コンクールで香川県内第1位、本選第4位。
2001年高松ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラに入団、第二ヴァイオリン首席奏者を務める。
第3回kfcかがわ・F・チェンバーオーケストラ定期演奏会に出演。
現在、関東と地元である香川県を中心に室内楽、オーケストラ等で活動中。