インタビュー

扇 慎也先生(ヴィオラ、ヴァイオリン)

ヴィオラ、ヴァイオリン 扇慎也講師

扇 慎也(おうぎ しんや)

石川県小松市出身。
才能教育研究会金沢支部にて4歳よりヴァイオリンの手ほどきを受け、その後ヴィオラに転向。
東京音楽大学音楽学部器楽専攻卒業。東京音楽大学大学院修士課程修了。
ヴァイオリンを故三塚伊都子氏に師事。ヴィオラを故三塚實 兎束俊之 百武由紀 浦川宜也 店村眞積の各氏に師事。在学中、弦楽アンサンブルや室内楽等に積極的に取り組み学外演奏会にも多く参加。
音楽性は基より音色、音質に関して周りから極めて高い評価を得ている。
現在はソロ 室内楽 在京オーケストラへの客演と演奏活動の他、後進への指導も積極的に行っている。

ご自身が音楽を始められた年齢はいくつだったのでしょうか?

3歳か4歳の時にヴァイオリンを習い始めました。記憶に無いのですがその頃にテレビでアリとキリギリスをやっていてキリギリスがヴァイオリンを弾くシーンを僕に親が話題を促すとアレは虫の弾くモノで人間の弾くモノでは無い!と拒否したそうですが…苦笑

ZALAでのレッスン歴を教えてください。

2年ほど前からです。小学1年生から社会人の方まで教えています。
ヴァイオリン初級~中級程度。ヴィオラはどのレベルでも受け入れています。

どのようなきっかけで、ZALAでのレッスンをすることになったのですか?

ZALAでレッスンを行う前は個人に対して例えばこの曲のこの部分が弾けないので教えて欲しい等。単発的に受けに来る人が多かったんです。
それで前々から1人の生徒をプログラム立てをしてレッスンしていくという事を体験したくて色々探した結果ZALAのホームページを見つけて応募しました。

レッスンではどのような曲や教本を扱っていますか?

ヴァイオリンはスズキの教本を使用しています。僕自身スズキで育ったのですが当時の教本とはまた手を加えられていて見直す事も多くて面白いですね。 ヴィオラはヴァイオリンからの持ち替えの方が多いので曲を生徒に与えてその中でヴァイオリンとヴィオラの演奏方法の違いやテクニックを身につける様にしています。テンポのゆっくりした曲は主に右手のボーイングに重きを置きます。逆にテンポが早い曲は左手のフィンガリングの向上に重きを置きます。

生徒さんに教えていて難しいと思うことなどありましたら教えてください。

特にヴィオラで感じる事なのですがヴィオラという楽器はヴァイオリンと違って楽器の大きさが個体によってかなり異なります。それと同時に人間の身体にも個体差があります。なので、一つの正解を出すのに色々なアプローチを試みます。 基礎的な事案を踏まえた上で様々な可能性を考えると正解が無数にあるのでこれは本当に苦労しますね。

師事された先生とのエピソードなどを教えてください

音楽の話やレッスン等の話ではないですが、学生時代に兎束俊之先生とヨーロッパをレンタカーで10日間回る旅をしました。 ドイツのミュンヘンからスタートしてオーストリア イタリア スイス フランス リヒテンシュタイン と廻りました。 その日の内に行けるとこまでいき宿はその場で探す!という自由な旅でした。 モーツァルト ベートヴェン バッハの生家にも行きました。イタリアのミラノを訪れた際は幸運にも日曜だったので有名なドゥオーモでミサを見ることができました。アウトバーンを走行中に窓ガラスにヒビが入って代わりのレンタカーを借りるまでビクビクだった事も今ではいい思い出です。

ザーラでやっていて良かった、面白いと感じたエピソードを教えてください。

教室を訪ねた生徒と我々講師陣との仲介をしてくれるので普段接点の無い本当に色々なタイプの生徒さんに巡り会えるというのが最大のメリットでしょうね。

教わる側から教える側へまわったことでの発見や楽しさを感じたエピソードを教えてください。

僕が完全に教える側にまわったとは思っていませんよ。 むしろ生徒さんの反応やアドバイスした事に対しての結果など、教わる事も多いのです。

生徒さんとのやり取りの中で印象に残ったエピソードを教えてください。

ZALAで教える事になって人生で初めて幼稚園生の男の子を教える事になったのですがこれがもう毎回手探りの連続で親御さんとのコミュニケーションの大切さやら本当に今までの自分に無い経験をさせていただきましたね。その時は僕が初めてヴァイオリンを習った先生の偉大さを改めて思い知った瞬間でした。

ZALAでレッスンすることによって、ご自身が実現したいことは何でしょうか?

自分のレッスンというものの価値を確立できればと思います。

ご自身が好きなアーティストや曲は何ですか?

クラシックでは無いのですが JUDY AND MARYというバンドが大好きですね。特にギターのTAKUYAという方が好きなのですがすごく独特なギターを弾くんです。

担当クラスで独自に取り組まれていること、これから取り組みたいと思っていることなどありましたら教えてください。

音程が分からない生徒さんの場合まずは自身が出した音程が正しいか否かを自覚できる様にする指導をレッスン中に行います。 時間のかかる事ですがそうしないと一人で練習していても無駄になってしまいますからね。

好きな本や作家などがありましたら教えてください。

弦楽器の構造等の関連の本が好きですね。 どんな部品で楽器が成り立っているのかとか音が鳴る仕組みとかをプレイヤーが知ることで演奏方法のアプローチ方法がとても広がると思います。

音楽を通して、ご自身が実現したいことなどありますか。

弦楽器という楽器をもっともっとたくさんの人に知ってほしいですね。

クラスを通じて、生徒達にどういうことを教えたいと思っていますか?

やはり楽器を演奏するという事に対しては苦痛を伴ってしまっては何もならないんです。 練習する事に対しての苦痛があるのは仕方ない事なのですが、弾ける喜びはその苦痛を大きく上回る。という事を伝えていく様にしています。

音楽発表会

ザーラ/フィアルサロン/リトルドリーマー音楽発表会の様子は、右バナーより音楽発表会専用ページをご参照ください。

音楽発表会専用ページ

講師インタビュー

ザーラ・カンパニーで活躍する講師の方々のインタビュー!
レッスンエピソードや取り組み方、音楽を始めたきっかけなど講師の方のプライベートまでをお聞きします。

更新日:2015/01/05

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->