インタビュー

神島竜司先生(オーボエ)

神島先生(オーボエ)

上達の近道はリードからと熱く語られる神島先生


日本大学芸術学部音楽学科卒業、
同時に学長賞を受賞し卒業演奏会に出演。
読売新人演奏会、ヤマハ新人演奏会木管部門に出演

神島先生(オーボエ)

どういうきっかけでZALAでレッスンするようになったのですか?

以前は、高校生だけしか教えていなかったので、いろいろな年代、職種の方と接してみたいと思いました。

実際にレッスンを始められて、いろいろな人と触れ合ってみて感じたことはありますか?

意外にオーボエを吹いてみたいと思っている人が多い!!(笑)なかなかきっかけがなくて始められなかった方がいるのですが、ZALAには楽器のレンタルシステムがあるので、手軽にレッスンが始められるんですよ。始めてみると、やはり皆さん自分の楽器がほしくなって買われますね。そうやって上達していくのを見ると、やってて良かったなぁと思いますよ。

生徒さんに教えていて難しいと感じたことなどありますか?

自分がなんとなくできていたことや感覚を誰が聞いても分かるように説明することです。時間をかけて身につけたテクニックや感覚を限られた時間で伝えることは本当に難しいと感じます。


神島先生(オーボエ)

レッスンの中で、発見や楽しさを感じることはありますか?

一人一人骨格や唇の厚さが違うので、同じリードや楽器を使っても全く違う音が出て面白いです。オーボエは、リードを自作する楽器なので各個人にあうリードを作ってみることで、自分のリード作りの幅が広がりました。

クラスを通じて、生徒たちへどういうことを教えたいと思っていらっしゃいますか?

オーボエを使って音楽を作り出したり、表現する楽しみを実感してほしい。他の楽器に比べてまだ情報の少ない楽器なので、常に自分で考えながら、自分に合った演奏スタイルを見つけ出す手伝いをしたいです。

生徒さんとのやりとりで、印象に残ったエピソードを教えてください。

全く初心者で始めた生徒さんとデュエットの曲が吹けたときはとても嬉しかったですよ。曲を吹く前に、変え指を使う音には、楽譜に記号を書くのだが、書くのを忘れて吹き始めたときに自然に変え指を使えるようになっていて驚いたりもしたな。。。


神島先生(オーボエ)

教材はどのようなものを使用していますか?

初心者用にオーボエ教本、基礎的なテクニックを学べるHINKE、テクニックを向上させるためのWIEDEMANNなどの教則本、アマチュアオーケストラに所属している方はオーケストラ曲なども扱ってますね。

ZALAに関わることで、聴く曲やご自身の演奏法、演奏曲が変わったなど変化はありますか?

できるだけ模範になるようにはっきり、丁寧に演奏するようにしています。個人的には超絶技巧ものが好きだが、分かりやすいメロディーを感情をこめてふくことに興味が出てきました。

ZALAでレッスンすることによって、ご自身が実現したいことは何でしょうか?

「オーボエは難しい」と言う固定概念を覆すこと。オーボエを始めることのハードルをできるだけ低くして始めやすい環境を作ることですね。


神島先生(オーボエ)

ご自身が好きなアーティスト、好きな曲は何ですか?

フランソワ・ルルーです。自由自在にオーボエを操る演奏が好きです。好きな曲はたくさんありますが、移動中に聴くのはジャズやポップスが多いですね。

音楽を始められたきっかけを教えてください

5才です。姉がエレクトーンを習っていたのでついでに習っていました。その後ピアノを習っていましたが、先生が怖かったので、よくサボっていたのを覚えています。実は、中学校にあがるまでは、「音楽は嫌い」と周りに言っていたんですよ。

担当クラスで独自に取り組まれていることなど、これから取り組みたいことなどございましたら教えてください。

できるだけ多くの情報を楽譜から読み取ること。メロディーを吹きながら調性を考えたり、和声の進行を感じたりしながらフレーズを作っていくことです。


神島先生(オーボエ)

師事された先生とのエピソードなどを教えてください

独特な考え方をする先生で、「自分にとって音楽は仕事じゃなくて趣味だ。だからこそ妥協しない」と言われ、当時は「?」と思っていましたが、今は少しだけ分かる気がします。

良く読まれる本や好きな本などありますか?

「~の謎」のような本が好きです。よく読む作家は、江國香織、田中芳樹、村上龍などがすきです。

将来どのようなカタチで音楽に関わっていきたいと思いますか?

オーケストラや室内楽などの演奏活動をしていきたい。クラシックだけではなくいろんなジャンルの音楽を演奏したいですね。

2012年度 ザーラ/フィアルサロン/リトルドリーマー 音楽発表会専用ページは、右バナーよりご参照ください。

更新日:2012/08/06

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->