インタビュー

鈴木友紀子先生(バイオリン)

鈴木友紀子先生(バイオリン)

モットーは『明日の風は明日吹く』『 転んだ時が起きるとき』『 人生万事塞翁が馬』と話す鈴木友紀子先生


神奈川県出身。

高校在学中にヴィオラへ転向。

東京藝術大学器楽科ヴィオラ専攻卒業後、同大学院修士課程室内楽科修了。

在学中東京藝術大学バッハ・カンタータ・クラブにて小林道夫氏の指導のもと研鑽を積む。

東京バッハカンタータアンサンブルメンバー。

今までに菅沼準二、クロード・ルローン、川崎和憲、岡山潔、山崎伸子、松原勝也、小林道夫の各氏に師事。

鈴木友紀子先生(バイオリン)

バイオリンとビオラ、どちらの楽器を習うかで迷っています。

どちらもそれぞれに違う魅力を持った楽器ですので、中学・高校生以上であれば音色の好みで楽器を選んでも差し支えないと思います。オーケストラ等への参加希望などによっても変わってくるかもしれませんが、もし決めかねている場合は体験レッスンなどで実際に両方の楽器に触れてみることをおすすめ致します。

バイオリンとの違いはどんなところですか?

ヴィオラはヴァイオリンより少し低い音を出す楽器です。基本的な姿勢はヴァイオリンと変わりありませんが、楽器が大きくなる分ヴァイオリンと比べてゆったり落ち着いた幅の響きと音色を持っています。合奏では「伴奏」を担当しているイメージが強く、目立たないながらも着実にアンサンブルを支えています。

ビオラの魅力はどんなところですか。

普段は気付かないけれど、無くなると物足りない。お味噌汁の出汁のような存在感が魅力です。音域が上でも下でもない「真ん中」ゆえにアンサンブルで音の居場所探しに苦心することもありますが、そのハードルがまた魅力的。渋さが美味しい、大人の楽器だと思います。


鈴木友紀子先生(バイオリン)

師事していた先生とのエピソードはありますか?

菅沼先生に師事していた頃、一度だけ着物でヴィオラのレッスンを受けたことがあります。 副科で履修していた日本舞踊の試験が菅沼先生のレッスンのすぐ後に入ってしまい、着替える時間がなかったので着物を着た状態でレッスンに行きました。ピアノ伴奏の同級生はびっくり、先生は「昔を思い出す。懐かしい」と仰り大笑いなさっていました。ちなみに着物でヴィオラを演奏するのは、袂の長さにもよると思いますが結構快適です。

レッスンで心がけていることはなんですか?

楽器の弾きや音楽への向き合い方は勿論ですが、その時に生徒自身の感覚や心を大事にして演奏する大切さを教えることが出来れば幸いです。


鈴木友紀子先生(バイオリン)

どのような楽曲、または教材を使っていますか?

クラシックの曲を扱うことが多いですが、生徒さんの希望があればクラシック以外の楽曲もレッスンしています。 教本はヴァイオリンは『新しいヴァイオリン教本』『鈴木ヴァイオリン指導曲集』、練習曲には『クロイツェル』、音階練習には小野アンナの『音階教本』を主に用いています。 ヴィオラはヴァイオリンのようにシリーズになっている教則本が少ないため、基本的に生徒さんの様子を見ながら、その都度扱う楽曲を決めております。

教わる側から教える側にまわったことで発見したことやご自身の変化はありましたか?

ZALAで色々な人達とレッスンや演奏で関わっていくうちに、自分自身が「何となく」理解しているだけでは、それが演奏表現に反映されることはなく、教えることも出来ないということを肌で感じました。それに気付いてからは、「音符を綺麗な音で弾けるようになる」練習から「自分自身の迷いを解く」ための練習をするようになり、今はその場に響いている音を大切に思っています。教えるようになったことで、自分の個人練習が前より楽しくなりました。


鈴木友紀子先生(バイオリン)

生徒とのエピソードで印象に残っていることはありますか?

2年ほど前、発表会で一緒にヴァイオリンを弾いた生徒さんとそのお母様から、薔薇の花束をいただきました。折り紙で作った枯れない花束だったので、今も陽当たりの良い窓際に飾って楽しんでいます。

ZALAでのレッスンを通じて実現したいことはありますか?

今まで私が先生から教えていただいたこと、そしてオーケストラをはじめとする演奏の現場で得た経験値を還元できるようにしようと考えております。

好きなアーティスト、好きな曲を教えてください。

アーティストは、クレイジーキャッツ、三波春夫、岡本太郎、上村松園好き曲は、『笑点』のテーマ曲です(笑)


鈴木友紀子先生(バイオリン)

音楽を始めたのはいくつの時、どんなきっかけだったのでしょうか?

両親が趣味で音楽をやっていたので、物心つく前からレコードを聴いたり歌ったりしていたそうです。両親が楽しそうに合奏している姿を羨ましく憧れに感じたのをきっかけに、4歳からヴァイオリンを始めました。

好きな本・映画・よく読んでいる作家を教えてください。

本は『一絃の琴』映画は『紅の豚』です。 よく読む作家は、司馬遼太郎、池波正太郎、田辺聖子、宮尾登美子、手塚治虫、杉浦日向子、よしながふみ です。

将来の夢を聞かせてください。

ヴィオラを専門にすると決めた高校時代から、オーケストラに入るのが夢でした。 それは今でも変わっていません。将来的には一生現役で、ヴィオラ・ヴァイオリン以外の楽器も弾ける音楽家になるのが夢です。

2011年度 ザーラ/フィアルサロン/リトルドリーマー 音楽発表会の様子は、
右バナーより音楽発表会専用ページをご参照ください。

更新日:2012/08/16

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->