インタビュー

茂木三麗先生(サックス,ジャズサックス、ジャズフルート)

モットーは「楽しみながら上達させる!」 サックス,ジャズサックス、ジャズフルート 茂木三麗


    3歳でピアノ、高校の吹奏楽部でアルトサックスを始める。日本獣医生命科学大学 獣医学科卒業後、ジャズを大友義雄氏、ジャズアンサンブルを木村功氏、金城寛文氏に師事。これまでにジャッキー吉川、あべ静江に携わる。歌謡曲、BGM音楽のレコーディングや横浜ジャズプロムナード、宇都宮ジャズフェスティバルなどの各種イベントに多数出演。現在はサックス講師、BGM音楽の制作、社交ダンスホールやブライダルでの演奏と、ジャズを基盤に幅広い活動をしている。 これまでに大友義雄氏、木村功氏、金城寛文氏の各氏に師事。 ●所有楽器 ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、フルート、クラリネット



発売されたCDなど

著作権フリーのBGM音楽配信中→http://www.hurtrecord.com/(ハンドルネームはミレラ)


レッスンではどういう曲を扱っていらっしゃいますか?

ポップスやジャズが多いです。生徒さんが好きな曲や知っている曲の方が楽しいと思うので、相談して決めています。ディズニーやジブリ、ジャズのスタンダードなどです。基礎的なスケールなどは、ジェイミ-のVo.3や私の先生にもらった資料を使っています。


どういうきっかけでZALAでレッスンをすることになったのでしょうか?

以前も講師をしていたので、神奈川に引っ越してきた時、また講師をやりたいなと思いザーラに応募しました。


教わる側から教える側へまわったことでの発見や楽しさを感じたエピソードを教えてください。

普段と音が違って調子が悪そうだった時、リードを交換で良くなった事がありました。リード選びは本当に大切だと改めて思いました。


ご自身が音楽を始められた年齢はいくつだったのでしょうか?また、そのきっかけについて教えてください。

3歳でピアノを始めました。隣の家がピアノ教室をしていて姉達はすでにそこで習っていたので、私にも習わせようと思ったようです。


師事された先生とのエピソードなどありましたら教えてください。

木村先生に師事していた時、レッスン中に先生があんぱんを食べ始めて、「三麗ちゃんも、食うか?」と言われたことです。その時はおかしくて笑っちゃいましたが、今考えると当時プロになりたくて必死に練習をしていたので、それを少しリラックスさせる為に言ってくれたのかなと思います。先生は、その他にも「カレーにビールを入れて作るとうまいんだよね」などレッスンに関係ないことをいつも言っていました。


ZALAでやっていて良かった、面白いと感じたエピソードを教えてください。

発表会で小さな子が人前で初めて演奏し、成功したことです!


生徒さんに教えていて、難しいと思うことなどございましたら教えてください。

大人も子供も皆さん普段忙しいと思うので、疲れている感じがすると教える内容を変更したり、戸惑う時はあります。


生徒さんとのやりとりで印象に残ったエピソードを教えてください

小学生の生徒さんにご褒美シールを貼ってあげたら、とても喜んで次にもらうシールをすでに選び始めていたことです。 自分も小さい頃シールもらうと嬉しかったなあと思い出しました。


好きな本または映画、よく読んでいる作家など名前を教えて下さい。

ミヒャエルエンデの「モモ」が好きです。


ご自身が好きなアーティスト、好きな曲は何ですか?

Phil WoodsやBig Fat Bandです。


担当クラスで独自に取り組まれている事など、これなら取り組みたいことなどございましたら教えてください

ビックバンドができたら楽しそうだなと思います。


担当専攻のレッスンでこんなことが習えます。という特徴をアピールしてください。

ポップスやジャズまで幅広く対応します。 サックスのかっこいい吹き方やニュアンス、アーティキュレーションが習えます。アドリブが出来るようになりたい方には、ジャズ理論やフレーズを教えます。


ZALAでレッスンすることによって、ご自身が実現したいことは何でしょうか?

生徒さんや他の先生など人と出会い自分自身も成長出来たらと思います。


将来、どのようなカタチで音楽に関わっていきたいと思いますか?

教えるという事を通して音楽に関わっていきたいです。


音楽発表会の様子

ザーラ/フィアルサロン/
パンテサロン/ブリアサロン/リトルドリーマー音楽発表会の様子は、
右バナーより音楽発表会専用ページをご参照ください。

音楽発表会専用ページ

講師インタビュー

ザーラ・カンパニーで活躍する講師の方々のインタビュー!
レッスンエピソードや取り組み方、音楽を始めたきっかけなど講師の方のプライベートまでをお聞きします。

更新日:2016/09/01

最新のNEWS一覧

大貫夏奈先生(ピアノ)

作曲家の声である楽譜を丁寧に! ピアノ 大貫夏奈 東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学大学院修士課程修了。 現在も年に一度はイタリアへ渡り、ペスカーラ音楽院にも在籍。 どういうきっかけでZALAでレッスンをすることになったのでしょうか? レッスン室の環境が良く、スタインウェイを持っている...
続きを読む...

更新日:2016/07/25

小俣由美子先生(マリンバ)

「楽しい」と感じられた気持ちを大切に! マリンバ、打楽器 小俣由美子 学生の頃より中高生を主に吹奏楽における打楽器の指導を始め、現在に至る。卒業後は音楽教室にてマリンバの指導。2008年より洗足学園小学校オーケストラアシスタント講師に着任。2015年4月よりZALAカンパニー講師。 これまでに上...
続きを読む...

更新日:2016/07/05

稲本早依子先生(ピアノ、幼児音楽、合唱、プチ室内楽)

稲本早依子先生(ピアノ、幼児音楽、合唱、プチ室内楽)

音楽は一生のおともだち! ピアノ、幼児音楽、合唱、プチ室内楽 稲本早依子 大阪府出身 大阪府出身。3歳からピアノを始め、桐朋学園音楽学部附属子供のための音楽教室へ入室。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学を卒業。在学中、学内演奏会へも出演。 日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞多数...
続きを読む...

更新日:2016/03/01

井上詠美子先生(クラリネット、リコーダー)

井上詠美子先生(クラリネット、リコーダー)

音楽は一生のおともだち! クラリネット、リコーダー 井上詠美子 大阪府出身 神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校を経て洗足学園音楽大学を優秀賞を受け首席で卒業。卒業代表演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。 卒業後、フランスのパリ国立地方音楽院にて研鑽を積む。在学中よりオーケストラ、吹奏楽、室内楽、オペラオーケ...
続きを読む...

更新日:2016/02/10

扇 慎也先生(ヴィオラ、ヴァイオリン)

扇 慎也先生(ヴィオラ、ヴァイオリン)

扇 慎也(おうぎ しんや) 石川県小松市出身。 才能教育研究会金沢支部にて4歳よりヴァイオリンの手ほどきを受け、その後ヴィオラに転向。 東京音楽大学音楽学部器楽専攻卒業。東京音楽大学大学院修士課程修了。 ヴァイオリンを故三塚伊都子氏に師事。ヴィオラを故三塚實 兎束俊之 百武由紀 浦川宜也 店村眞積...
続きを読む...

更新日:2015/01/05

江黒未希講師(ファゴット)

江黒未希講師(ファゴット)

江黒未希(えぐろ みき)http://blog.livedoor.jp/fgplayer/  東京都出身。12歳よりファゴットを始める。東京音楽大学音楽学部卒業。 給費入学奨学金授与。市川文化会館新人オーディション合格。 1999年から2001年国連クラシックライヴに出演。 2001年から2003...
続きを読む...

更新日:2014/12/25

さつき かほり先生(トランペット)

さつき かほり先生(トランペット)

神奈川県川崎市出身。 元客室乗務員という経歴を持ち、現在はトランペット、パーカッション、ピアノプレーヤーとして活躍中。またアンサンブルから吹奏楽までの編曲も多数手掛け、異色の女性トランペット奏者として各専門誌(三栄書房ブラストライブNo.18、No.19、株式会社トーオンGOGO吹奏楽2011冬号...
続きを読む...

更新日:2014/12/02

土村 和史先生(コントラバス)

土村 和史先生(コントラバス)

♪木村秀子トリオ「越後組曲」(2008)♪デンマークのピアニストThomas Walbimトリオ「Tales from the blue」(2009) 土村 和史(つちむら かずふみ) 東京都生まれ、横浜育ち。血液型/A型。 98年米国ボストンのバークリー音大入学。 John Lockwood, ...
続きを読む...

更新日:2014/09/09

土倉夏織先生(トロンボーン)

土倉夏織先生(トロンボーン)

自分らしい音楽を トロンボーン 土倉夏織 岡山県出身 血液型/O型 東京学芸大学教育学部音楽科卒業後渡独しドイツ国立デトモルト音楽大学に入学。在学中デトモルト室内管弦楽団、北西ドイツフィルハーモニーオーケストラ等で演奏。2006年にディプロムを取得し帰国。帰国後は各地にてコンサート出演やCD録音等...
続きを読む...

更新日:2014/07/04

過去のインタビュー

おすすめ情報

  • 小野 弘晴先生(声楽) / 東京芸術大学をご卒業され、第37回イタリア声楽コンコルソ入選、第5回BCCオペラオーディション新人賞を獲得。
  • 池村 京子先生(ピアノ) / 教えることは、生徒さんやグループ、その状況により毎回アイディアや違った練習を考え出す、とても『クリエイティブ』な作業である。

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->