コラム

ウクレレのご紹介

ウクレレのご紹介

名前の由来

ウクレレは、ギターを小さくしたようなかわいらしい弦楽器です。アロハシャツを着て、やしの木の前で陽気に弾いている姿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? ウクレレの名前は「ん??」と思うような不思議な意味があるんです。

『ノミが飛び跳ねている』という意味で、その理由は「ウク」がハワイ語で「ノミ」を意味し、 「レレ」がハワイ語で「飛び跳ねる」を意味していて、ウクレレを演奏する際に、小さな楽器の上で奏者の指が目まぐるしく跳ねるような動きになる様子が名前の由来になっているそうです。

ウクレレの材質と歴史

ハワイで生まれた楽器という説やブラジルのカバキーニョという民族楽器が原型になっているという説もありますが、一番有力とされているのが、19世紀後半さとうきび作りの労働者としてハワイに移住してきたポルトガル人が、ハワイの木材を用いて作った故郷の楽器「プラギーニャ」と呼ばれる楽器がもとになっていて、ハワイで独自に改良を重ねられて現在の形になったという説です。

高級なものにはしばしばハワイ特産のコアの木(koa)が材料として用いています。、現在のウクレレを確立したのはマヌエル・ヌナスとされています。その美しい木目が特徴的なウクレレは一種工芸品のような輝きをがあり、これら1本1本手作りされたウクレレは現在ではヴィンテージウクレレとしてコレクターズアイテムとなっています。

ウクレレを世に広めたその立役者たちが、マニュエル・ヌネスとオーグスト・ディアス、そしてホセ・エスピリト・サントという3人の男性だったそうです。彼らの演奏が、当時の王様、デイヴィッド・カラカウアにたいへん誉め讃えられ、ウクレレ人気が定着し、今にいたるそうです。

ウクレレの種類

ウクレレには大きさの異なる4種類のものがあります!
小さなものから順番に、ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンという名前です。
それぞれの特徴と使い方を説明しますので、新しく購入を考えている人はぜひ参考にしてください!

コンサート

誰にでも弾きやすく、一番実用的なのがこのコンサートです。
ソプラノに比べてボディが一回り大きいので、しっかりした音色が出ます。
ネックは長くフレット数が多いのでどんなメロディや伴奏も弾くことができますが音色が温かくまろやかな響きなのでコードの伴奏で使うのがぴったりの使い方だと思います。
大人の人が最初に買うのであればこれがベストです!
小学校高学年以上のお子様もこのコンサートから入るのが良いと思います。

テナー

コンサートよりもさらに一回り大きいサイズがこのテナーです。
低音がどっしりした、より迫力ある音色が出ます。
伴奏やメロディの両方を弾くことができますが、1音1音をしっかり弾く必要のあるメロディ弾きに向いていると言えます。
音色の存在感があるので、ソロウクレレを弾きたい人やバンドの中などでウクレレを使いたい人に特におすすめです。

バリトン

他の3種類とは少し違った特徴をもつのがこのバリトンです。
ボディサイズは一番大きく、小さなギターといった感じに見えます。チューニングも他の3種類とは違い、低い音が出るようになっています。
ウクレレらしい可愛らしい音色はあまり出ませんが。
高い音のウクレレと一緒に弾いてベースのような役割をしたり、ウクレレオーケストラの中で低音部を担当するというようにも使えます。
それ以外にも、6弦、8弦、12弦といった複弦仕様のものあります。

ウクレレの材質と形

コア材とマホガニー材という、ウクレレに最適な木で、高級品ウクレレの素材は主に、これらが使われていることが多いようです。これらの木材は、ともに現在減少の一途のよう。
もともとウクレレはハワイ原産のハワイアン・コアで作られていたため、 比較的手にしやすい値段の物でも長く弾いていると、だんだんと馴染んできて、よい音が出るようになります。愛着を持って長く使うのが大事なんですね。

形も様々なものがあり、ひょうたん型とパイナップル型の2種類が主流です。形の違いによって弾き方が変わるわけではないのでお好みの形を選択することが出来ます。 音はひょうたん型がややシャープ、パイナップル型が柔らかみのある音色といわれています。
三角形や尖った形、丸い形と、様々な形のウクレレがありますので好みのものと出会うまで探すのも楽しいと思います。
気に入ったウクレレを手に入れ、いつも自分のそばに置いて練習し、時には戸外へも持ち出して弾いてみるのもいいですね。ウクレレはいつでもどこでも演奏出来るとっても楽しい楽器です。

ウクレレのお手入れ

普段から小まめにお手入れしてあげると、そんなに手間がかかりません。
専用クロスもありますが、メガネ使用者は、愛用のメガネ拭きでも充分です。
普段,汚れを拭くときは綿の古くて着なく成ったTシャツを小さく切ったものも使えます。
ペグやブリッジの埃もたまに優しく綿棒で取り除いてください。

それでも黒ずみや汚れがついてきたら、クリーナー、ワックス、レモン(オレンジ)オイルがウクレレのお手入れの代表的な物になります。
激しい汚れは、まず硬く絞った柔らかな布で水拭きして汚れを取って直ぐに乾いた柔らかな布で水分は押さえて拭き取ります。
ワックスは出来るだけ天然成分の物を選びます。まずは目立たないところで楽器と相性がいいかテストするといいです。(艶消し、半艶のウクレレにはワックスは使用しないのでご注意ください。)
拭くときもやさしく拭くことと、ワックスなども付けすぎない事。

ウクレレは音を鳴らすことで、どんどん成長するそうです。 沢山鳴らしてあげて、ボディに空気を入れてあげないといけないそうです。
初めての人でも手に入れやすい価格から始められ、愛情を持って楽器と接してあげることによって、楽器の音が変わってゆく、とても魅力のある楽器です。
持ち運びも便利ですし、取り扱いも簡単なので、新しくウクレレを習い始めてみるのもいいですね。

ザーラカンパニー ウクレレ専攻コース フィアルサロン  ウクレレ専攻コース パンテサロン ウクレレ専攻コース
更新日:2013/11/06

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->