コラム

オカリナのご紹介

オカリナの歴史

オカリナ・・・どこの国で生まれた楽器か予想できますか?日本ではオカリナと言うとゲームやアニメなどの登場人物が吹いている、あの楽器か!!と連想する方も多いかと思います。実はオカリナの生まれ故郷はイタリア、ブドーリオ地方と言われています。

1853年頃、ブドーリオで菓子職人をしていたドナーティさんが西洋音階のドレミファソラシ~を取り入れたことにより、正確な音階を持てるようになったことから広まるようになりました。名前の由来はOca(イタリア語でガチョウの意)とRina(接尾語~小さな)が合わさった造語からなり、イタリア語で「小さなガチョウ」と言う意味の言葉だそうです。

その起源はマヤ文明まで遡ることができますが、世界各地で発見されている土笛も一般的に「オカリナ」と呼ばれることが多く、中国の卵型の笛「けん」や日本の「弥生笛」などもイタリアで生まれたオカリナと同じ仲間、親戚と言った関係にあります。

また、日本にもオカリナの歴史があり、日本のオカリナの父とも呼ばれる音楽研究家であり彫刻家の明田川孝氏が開発した12穴式のオカリナの誕生は、これまで10穴式が主流だったオカリナにとって、演奏できる曲が格段に増えるきかっけとなった、画期的な発明となりました。

オカリナの材質と特徴

オカリナは素焼き(本焼き)の陶器、プラスチックなどあります。初心者や小さなお子様ですと、扱いも簡単で価格もお手頃なのでプラスチックのオカリナも人気がありますが、やはり、あの優しい柔らかい音色は陶器のオカリナならではの音色です。

プラスチックは落としても簡単には割れませんし、洗う事もできます。陶器のオカリナは落としてしまうと、その殆どは使い物にはなりません。

割れてしまっても接着で修復できる場合もありますが、吹口(エッジ)が欠けてしまった場合は残念ながら直すことができません。陶器ですので洗えない事もありませんが、構造上乾くのにかなりの時間がかかることと、水分を吸ってしまうと楽器本来の音程や音色を損ねることもありますので、基本的には洗えないと思っていた方が良いかもしれません。


オカリナのお手入れ

オカリナの形を思い浮かべて頂けると分かりやすいかもしれません。一般的なオカリナ、涙滴型の構造は12個の穴と歌口、吹き口(ウインドウエイ)の合計14個の穴が開いています。

しかし、リコーダーのように分解ができないので、中をガーゼなどで拭くことができません。楽器を吹いた後は、乾いたガーゼなどで吹き口と楽器全体を拭き、 汗や結露の水分を拭き取ります。風通しが良い場所にしばらく置いて乾かすという事が一番のお手入れ方法です。すぐにケースへ入れると、密閉されてカビやにおいの原因になります。

プラスチックのオカリナですと、吹いている間に楽器内に水分が溜まるので分かりやすいですが、息の中に含まれる水蒸気が楽器内に溜まります。

陶器の楽器はその息の水蒸気を楽器が吸っていますので、楽器自体をよく乾かしてからケースに入れることが大事です。汚れなどが気になる場合には、少し湿らせたガーゼで優しく拭き取り、乾かしてからケースにしまうと良いです。

そのほかのお手入れ方法としては、吹き口にある平たく細い道「ウインドウエイ」にクリーニングペーパーなど薄い紙を差しこんで水分を取る手入れ方法です。 この時に注意したいのは、ウインドウエイに紙が残ってしまったり、詰まってしまうと取り出すことが難しく、楽器自体を傷付ける可能性もありますので、気をつけながらお手入れをしてください。一回紙を通す程度でも十分に水分は取り除けます。ケースも密閉されてしまうものより、柔らかい布製(衝撃からも守れる厚さがあるもの)などオカリナ自体が呼吸できる様なケースがお勧めです。

楽器を置くときは、机など硬い場所に直接置くと、衝撃で欠けて事もありますので、ガーゼや楽器クロスなど布の上に、歌口(空気の出る穴)が下に来るように置きます。


オカリナの種類と音程

オカリナの音域は1,5オクターブ程の狭い範囲です。その為、音域が異なるいくつかの楽器を持ち替える事もあります。種類は一般的なもので12穴式のC管、F管 その中でもソプラノ、アルトなどあります。楽器製作者やメーカーによって穴の位置が多少異なるので、運指も楽器ごとに少しですが違いがあります。

その他には16穴式や20~22穴などの「ダブルオカリナ」「トリプルオカリナ」と呼ばれる種類のオカリナもあります。一つの楽器で広い音域をカバーすることができるので、持ち替え無しで様々な曲が演奏可能となりました。とは言っても初めからトリプルのオカリナを演奏するのは難易度が高いので、まずはシングルの一般的なオカリナから練習する事をお勧めします。

オカリナは他の管楽器の様に分解できるパーツがないので、チューニング管やリードなど音程を調整できる部分がありません。どこで音程を取るかと言うと、「息の量」と「気温」です。息の量を強く(多く)すると音程は高くなり、弱く(少なく)すると音程は低くなります。

気温が高い時は楽器も冷えるので音程は低くなりやすく、結露も溜まりやすいので音も出にくくなります。息の量によっては半音~全音違ってくる事もある程、息の量が音程と密接な関係にあります。新しくまだ息をあまり吹き込んでいない楽器ほど音程が取りづらい事もありますが、吹いていくうちにだんだんと息の加減も分かり、音程が取れるようになってきます。優しく息を入れて、楽器に慣れていくと音程も取れ、音色もオカリナらしい柔らかな響きが得られるようになりますので、吹けばふくほど自分の楽器にだんだんと愛着が湧くようになります。


音の出る仕組みとしてはリコーダーとほぼ同じで、初めて楽器を手にする人も、息をふっと入れれば誰でも簡単に音を鳴らすことができる楽器です。肺活量をとても必要とされる楽器ではないので、幅広い世代の方が楽しめる楽器です。

日本以外でも音楽の授業でオカリナを取り入れるなど、短時間で少ない練習でも何とか曲が吹けるようになる最低限のテクニックは身に付けられるのが、様々な世代の人から親しまれる要因かもしれません。お手入れも「風通しの良いところで乾かす」「陶器のオカリナは割れ物なので扱いに気を付ける」と言う事さえ押さえておけば簡単ですし、組立てが不要なので持ち運びも便利です。

陶器の楽器は、製作者によって若干の穴の形(大きさ)や中の空洞の体積、土の素材などで音色は様々です。最近ではプラスチックの楽器も素材や形などが改良されてきて、陶器に近い音色のものもあるので、実際に吹き比べてみて、ご自身の好きな音色や音程の取りやすさなど、自分に合った楽器を探すのも楽しみの一つです。

価格も数千円~あるので、ソプラノ、アルトなどと揃える事が出来れば、演奏できる曲の幅もぐっと広がります。形や色、柄、音色も多種多様ありますので、 ご自身のお気に入りを見つけて、いろいろな曲が吹けるように、またアンサンブルなども楽しんでみてはいかがでしょうか。

ザーラ オカリナ専攻コース

フィアルサロン オカリナ専攻コース

更新日:2012/09/06

▲ページトップへ

sample

注目画像

-->